「忙しい理系大学院生のアルバイト事情」シフトや時間帯はどんな感じ?

大学生活

こんにちは!テツです!

この記事では「大学院生がどのようなアルバイトをし、アルバイトの時間を確保できるか」などについて書いています。

世間一般の理系大学院生の印象は講義、実験などが忙しく、学部生の時よりも自由時間が少なく、アルバイトをする時間がないというイメージがあると思います。

事実、学部生時代に比べるとアルバイトに充てられる時間は減っています。

しかし、私も含めて大学院に進学した友達は基本的にみんなアルバイトをしています。

 

これから大学院へ進学する人や進学を志している人は学費などのお金の面で不安があると思うのでこの記事を参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

大学院生はアルバイトできる?

基本的に誰でもアルバイトをすることはできます。

私もアルバイトをしていますし、同期、先輩、後輩もほぼみんなアルバイトをしています。

しかし、例外としてブラックな研究室に配属された場合は別です。

研究室に縛られすぎる研究室に配属されると実験が忙しすぎ、アルバイトをする時間がないということになります。

私が在籍する大学の専攻している研究室はブラックなところはないため、どの学生もアルバイトができる環境です。

 

シフトを入れる時間帯は?

平日

大学院生は基本的に日中は研究室にいるので、昼間の時間帯はシフトを入れることができません。

つまり、夕方以降からしかシフトに入るしかありません。

 

私は2つアルバイトをしています。

1つは飲食店のアルバイトですが、こちらは18時~22時ごろまで約4時間働いています。

アルバイトの日は帰宅時間が22時を過ぎるため、自由時間がとても少ないです・・・

 

2つ目はイベント設営のアルバイトです。

こちらは月に1回の頻度で、時間帯は日によってかなり前後しますが、早い時は21時ごろで遅い時は0時前には終わります。

 

友達も夕方以降から働き始めています。

終了時刻は0時を超えて働く人は少ないです。

日付を超えてしまうと翌日の研究活動に支障が出るからです。

 

休日

休日のアルバイト事情は学部生の頃と変わらないですね。

1日働く人もいれば、朝だけの人もいます。休日は研究室に縛られないため人それぞれです。

ちなみに、私は休日に一切アルバイトをしていません。

せっかくの休日は自分のやりたいことに時間を充てたいためです。

 

週何回シフトを入れているか?

人によって様々です。

アルバイト先の方針もあると思いますが、少ない人は週1回、多い人は週5回入っている人がいます。

私は週1~2回ほどの頻度でシフトを入れています。

ちなみに平日だけなので週に多くても8時間ほどしか働いていません。

 

 

大学院生はどんなアルバイトをしている?

私は飲食店とイベント設営のアルバイトをしています。

友達は以下のようなアルバイトをしています。

母数が少ないのであまり参考にならないかもしれません。(参考程度に)

  • 飲食店
  • スーパー
  • アパレル関連
  • 家庭教師、塾講師
  • 居酒屋

 

居酒屋だと日付を超えることがしばしばあるので、あまり居酒屋でアルバイトをしている人は多くないです。

今はコロナの影響で、営業時間が短くはなっているところが多いですが・・・

 

まとめ

以上が、理系大学院生のアルバイト事情についてでした。

これから大学院に進学し、アルバイトをしたいと思っている人はアルバイトについてそこまで心配する必要はないと思います。

働くことができる時間は減る可能性が高いですが、誰でも働くことができると思います。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました